2019年10月17日

二次方程式やら因数分解やら

小さい頃から算数や数学が好きでした



中学までは得意と言ってたかも(自称だけど👀)



そして高校でちょっと難しいぞ?と思うようになり。。。



それでも答えがはっきり出る数学は解けたときの達成感が好きで。


といってもちゃんと理解するより


公式を覚え

問題読んでなんとなく


「この公式使えそう」


と思って使って見て答えが出て、


「やった!解けた!」


って感じ。


今書いてて思ったけれど・・・・



これって、



取説読まず

とりあえず物をいじってみて、

なんとなく使えるようになる

それと同じかも💦


今も変わってないってことね、私



さて、現在不登校真っ只中の中2の長男。


数学が好きで


うちでぼんやり過ごしているけれど、


今年も、数学検定は受けたいというので、


さっそく申し込みしました。


昨年は3級受けて合格したので



今年は準2級に挑戦


とはいえ、申し込みしたよと伝えてからも


今日まで全く勉強する気配なく・・・


さすがに、

「勉強しないで受かるような問題じゃないよ!!」


と発破をかけ


過去問をプリントして


ノー勉強でどれだけ解けるかやらせてみました。




結果は、一次も二次も


やっと半分解けたかなーって感じでした💦



ということはこのままではもちろんどちらも不合格


とはいえ全然勉強してなくて


3年前までやってた公文の内容で


これだけ解けてるのはすごい!


しかも、長男は私と違って


公式を理解せずただ覚えるって事が嫌で、


なぜこの公式なのか!


を理解できない公式に関しては


使いたくない!!


といういわゆるひねくれ者


でも、公式使わないでも自力で解けたりするから


母さんビックリよ


さて、それはさておき、


サインコサインなどなど私はもうすっかり忘れていて


教えられないけれど、


因数分解や二次方程式は好きだったなーなんて


思って、どれどれ私が解いてみせよう!


なーんていざやってみたら






途中まではそうそうこんな感じ〜なんて


書いてたものの、

そもそもテキトーにやってた私には


ちゃんと覚えているはずもなく・・・


ま、最後に問題解いたのは20年以上も前のことで

仕事で使うこともないし


そりゃ忘れるよね?


ということで、


やはりやらないと忘れちゃいます。


長男に


どれどれ私が解いてみせよう!!



なんて言ってた自分がはずかしー


ということで、


先生に数学のわからないところ(そもそも自分の学年の勉強一つもしてないのだけど)を

質問に行くという目的で


明日?明後日?学校に行ってもらいます




posted by ふくにゃん at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

覚悟を決めた日

現在不登校の長男に、


「覚悟を決めると楽だよ」


と話したことがある。


ま、それはいくつかの場面で話したことだけど、



正直、今の私こそが



覚悟を決める


必要があった。


人のこと言えない。

そしてこれは決して楽なことでない。


でも、という言葉は、


決してそのままの言葉ではなく、

目に見えない漠然とした不安や恐怖におののいて、

無駄に心が疲弊してしまうようなことがなくなるという点で、






と言っているのである。


覚悟を決めてしまえば、

突き進むしかないし、悩んでる暇もなくなる。(あ、私の場合ですが)


そしていつも覚悟決めたつもりが、

ちょっとしたつまづきに、すぐ挫けてしまうメンタル弱々の私がいて・・・・


長男のこと言えないじゃん!!


と心の中で突っ込む私・・・説得力ないよね💦



そんな私に、今私が教わっている先生から教えていただいた言葉と、

たまたま見つけた言葉で、

今度こそ覚悟を決めようと思った言葉を紹介します。



___________________


「今日という日は、残りの人生の最初の日である」

             Byチャールズ・ディードリッヒ



「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」

              Byガンジー


____________________
posted by ふくにゃん at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな私でも美しくありたい

私は美人ではないし、スタイルも良くない。

それは別にひねくれてるわけでもなく、自覚している事実。


20年ほど前に初めてパソコンで知り合った人たちとオフ会をしたときのこと。


私よりも年下の男性が、私のことを、

「中の上だね」


といった💦


私と会っていきなりそんなことを言う男性に、


「顔の評価をするなんて失礼な奴だ!」


と思ったりもしたが、正直、自分の容姿に全く自信のなかった私には、


自分が思っていたよりも良い評価にちょっぴり嬉しくもあり・・・


(これも気を使って事実よりも良く言ってるのかもしれないけど・・・)



ま、だとして、相当悪い容姿だと相手が思っていれば、


逆にそんなことを面と向かって言わんだろ!


とも思ったり




さてと、当時の事はさておき、今の私は当時より約15キロも太ってしまい、

身なりもあまり気にしないオバチャン化してきている。



でも、せっかく女性に生まれて、身なりを気にしなくなるってやっぱり残念すぎる。


はて、自己投資金が無いなりに、

自分なりに美しくあるためにどうしようかなーと


考えていたら、20代前半に心に響いたある言葉をちょっぴり思い出し、


ググって見つけましたー


あーやっぱり素敵な言葉です。


この言葉は、オードリーヘップバーンがとても愛した詩だそうで、

オードリーヘップバーンの言葉として語り継がれているようですが、


実際は、アメリカの詩人サム・レヴェンソンの言葉だそうです。


そして、実際の詩を全部読んだのは初めてだったので、全て紹介します。


_____________________________

「時を越えた美しさの秘密」



魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな神であるためには、1日に一度子供の指でといてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。

ものは壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、
失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。
人生に迷い、助けて欲しい時、いつもあなたの手のちょっと先に
助けてくれる手がさしのべられていることを、
忘れないでください。

女性の美しさは、身にまとう服にあるのではなく、
その容姿でもなく、髪をとく仕草にあるのでもありません。

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情の宿る場所でもあるからです。

女性の美しさは、かおのほくろなどに影響されるものではなく、
その本当の美しさは、その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやるの気持ちであり、
時としてみせる情熱であり、
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。



______________________        



思っていたよりかなり長いっ!!!


私が20代に知った言葉は、前半の部分だけでした。


でも、全文を読んで、

また当時と違う感動を味わいました。


オードリーヘップバーンが愛したこの詩は、

オードリーヘップバーンを

より美しく輝かせたことでしょうね


素敵です


こうありたい!


美しく歳をとりたい。。。


久々に自分の言動と心のあり方を振り返った1日でした。
posted by ふくにゃん at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする